{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

『あたらしいぼく』質問カード付

¥1,870 税込

送料についてはこちら

『あたらしいぼく』 シャーロット・ゾロトウ 文 / エリック・ブレグヴァド 絵 / みらいなな 訳 童話屋 定価: 本体1,320円(税込) 絵本の詩の質問カード付販売価格:1,870円(税込、送料込) 📖絵本はあなたへの質問を書いたカードを添えて販売しています。一人でできる問いかけのワークで自分と向き合う時間をぜひお楽しみください。 📖差し支えなければ注文時の「備考」欄に、生年月日や今気になっていることなどをご記入ください。あなたへの質問の参考にさせていただきます。 📖カードのQRコードより、質問に対する回答をぜひお寄せください。お答えいただいた方とはメールやZoomでの対話(1回)をプレゼント。ワークを人と共有する楽しみも広がります。 ————————————— 一人の少年の、思春期に差し掛かる瞬間。 自分や周りのものに対する違和感を覚える瞬間は、きっと誰にでもあったのに、大人になった今では忘れてしまっています。 好みが変わり、興味を持つものが変わり、大人への一歩を歩み始める。それは本当の自分への一歩なのではないかと思います。 人は変化、成長するもの。それは自然なことであり、大人になってからでも変わったっていい。なりたい自分にだってなれる。 今の自分にぴったりくるもの、ありたい自分とイメージが合うものや必要なものだけを残して、新しい自分になろうと思わせてくれる希望に溢れた一冊です。 新しいあなたはどんなあなたですか? 【出版社HPより】 主人公は、少年の「ぼく」です。 ある日のこと、「たしかに ぼくは ここにいるんだけど そのぼくは ぼくじゃないみたいなんだ」と思います。 そうなるとじぶんの部屋の壁紙もこどもっぽく見えるし、ともだちが来ても、ビー玉遊びなんかしたくない。 「また遊ぶ?」と聞かれても「たぶん遊ばない」とそっけない。部屋のおもちゃももういらない。 それまで面白いと思わなかったことに興味がでてきて、図書館で調べてみたくなる。 おもちゃをぜんぶ箱の中にしまうと、なんだかさっぱりして 「ぼくは いま ここに いる   ぼくは―   あたらしい ぼくなんだ」 と思います。 子どもが自己実現に向かって成長する一つの段階、「ぼくは ぼくじゃないみたい」な体験を、鮮やかに描き切った傑作。 ページ数 : 32ページ サイズ :B5(23.6x18.3cm) 初版年月日 : 1990年11月2日 ISBN :978-4-924684-58-4